スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ITIインプラント。豚ちゃんで

2009.02.10
こんにちは。日本人の笑顔を世界TOPレベルに美しくしたい、 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

2日目は豚の下顎骨にITIインプラントを植立する実習です。
最初にインプラントの上部構造のつくり方を教えていただいて、
こんな材料を使って印象(型とり)
ここの操作がシンプルなのがITIのいいところだそうです。
豚の実習11111
上部構造の巨大模型。
豚の実習1114
冠がはいったところ。
なんだか、きれいで欲しくなる?!
豚の実習01115
さて、これから豚の下顎骨にインプラントを植えます。
豚の実習11112
豚ちゃんの下顎骨はとってもリアルなので、
苦手な方はこの先は見ないで下さいね。

buta01.jpg
このあと、切開剥離して、インプラントをうえ、
一本は抜歯即時埋入、縫合までいくのですが、
時間が限られてて、写真は取れませんでした。
豚の実習11113


村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で13位です。 
「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら
からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆


ブログ村ランキングも参加してみました。
良かったらクリックお願い致します♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

ITI インプラント 

2009.02.09
こんにちは。日本人の笑顔を世界TOPレベルに美しくしたい、 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

船越歯周病セミナーマスターコースのラストは・・

ITIインプラントです。

インプラントはたくさんのメーカーがあって、
コストもいろいろです。
一番歴史があるのはノーベルバイオケア(村橋歯科はこちらを使っています)
ノーベルバイオケアに遅れること5年。
ITIインプラントは1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。

各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チームITIと、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。

ストローマンインプラントシステムの特徴
・ 専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱いできる。
国内、国外問わずシェアが広いので、引越しなどの際、転院がしやすい
インプラント体の形状・サイズが日本人のあごに適している。
・ 手術方式が一回法なので、骨とインプラントが結合した後の手術が必要ない。

インプラントを選ぶ時、術者側のテクニックとかご自分のあごの骨の状態などが心配なところですね。それにプラス、転居や転院したとき、そのインプラントを扱える病院がたくさんあるというのは大きいです。
機械類や車だってアフターのわるいブランドは選ばないですよね。
日本で流通している、インプラントメーカーは36社あります。
少しコストが高くても、
たくさんの先生が信頼をよせて選んでいるブランドを使ってもらいましょう。

ITIのインプラント装置。
ITIインプラント11113
手順をきちんと踏んでいきます
ITIインプラント11111
1本植えたところ。
ITIインプラント11112
2本完成♪
模型は出血もないし、らくちん。
ITIインプラント11114
日曜日は豚ちゃんをつかっての実習です。

村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で13位です。 
「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら
からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆


ブログ村ランキングも参加してみました。
良かったらクリックお願い致します♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

オステオプッシャーのセミナーを受講してきました

2008.11.16
こんにちは。長崎県長崎市の歯医者歯科医院、村橋歯科診療所のいきいき院長の村橋秀夫です。

今日は大阪でプラトン社主催のオステオプッシャーのセミナーを受講してきました。
セミナーの開始時刻が午後一時でしたので、午前中、私が未だ足を運んだことがない大阪城を見学してきました。JR大阪城公園駅から早足で15分という、かなりの距離に大阪城はそびえていました。
IMG_2212.jpg

あまりに広くて大きいのにびっくりでしたが、時間もないので大阪城の8階まで一気に駆け上がり、あっという間に1階まで駆け下りるという慌しい見学となりました。
もう少し時間にゆとりがあれば・・・・・。

さて午後1時からはオステオプッシャーのセミナーです。
講師は東京でご開業されている水口稔之先生です。
上顎臼歯部で上顎洞底までの距離が少ない場合ソケットリフトになることが多いのですが、患者さんにとって何回も槌打されるあの術式は、かなりの衝撃を与えているようです。
水口先生が開発されたオステオプッシャーを使用したソケットリフトは、ネジを回すようしてシュナイダー膜を徐々に挙上する術式です。
これはエンジン音も槌打する音もほとんどないサイレントな術式で、患者さんにとっても安心ではないでしょうか。
IMG_2216.jpg
IMG_2217.jpg
上顎洞を水平断にした顎模型を使用しました。赤い部分がシュナイダー膜です。
その他オステオプッシャーを利用した様々な臨床症例を多数紹介した、非常に実践的なセミナーで大満足でした。
最後に水口先生と二人で記念写真を撮っていただきました。
笑顔が素敵な大変やさしそうな先生です。
IMG_2214.jpg
私の方がなんとなくえらそうですいません。(汗)
水口先生、貴重なセミナーどうもありがとうございました。




村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で23位です。 
「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら
からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆


ブログ村ランキングも参加してみました。
良かったらクリックお願い致します♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

インプラント料金について

2008.09.27
こんにちは。長崎県長崎市の歯医者歯科医院、村橋歯科診療所のいきいき院長の村橋秀夫です。

村橋歯科では世界中で最も歴史があり信頼性の高いブローネマルクを使用しています。
今日はインプラント治療費について説明します。
インプラントはフィクスチャーと呼ばれる土台の部分とアパットメント、上部構造の3つのパーツに分けられます。
治療に関してもフィクスチャーを顎の骨の中に埋入する治療ととフィクスチャーにアバットメント、上部構造を取り付ける治療に分けられます。
村橋歯科ではフィクスチャーを顎の骨の中に埋入する治療費として21万円(含む消費税)
そしてアバットメント、上部構造取り付け費として10万5千円(含む消費税)、トータル31万5千円いただいています。
インプラント
インプラント1


村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で42位です。 


ついに~~!!1ページ目になりました~~♪
謝謝大家~~!

「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら



からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆


ブログ村ランキングも参加してみました。
良かったらクリックお願い致します♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


MDIミニインプラント  オーバーデンチャー用義歯安定装置

2008.03.08
こんにちは。長崎県長崎市の歯医者歯科医院、村橋歯科診療所のいきいき院長村橋秀夫です。

今日は下顎の総義歯の安定が悪い患者さんにMDIミニインプラントを4本埋入しました。
下顎の総義歯は顎堤の骨吸収が大きいと、義歯が不安定で、咀嚼、発音等がしづらく               歯科医師、患者さん共に苦慮するところです。
IMG_2215.jpg

MDIミニインプラントは4本のインプラントを顎骨内に埋入し、義歯の内面に                     シリコンゴム性のO-リングが入ったキーパーを取り付け、あたかもフックボタンで止めるように        義歯を安定させる方法です。

インプラント埋入当日にキーパーを取り付けて、即日義歯を安定させることもできるのですが、       少々不安なので村橋歯科では2週間程度インプラントには負荷をかけないようにしています。

患者さんも2週間後を楽しみにしています。

エンドポアインプラントセミナー受講してきました

2008.03.03
こんにちは。長崎県長崎市の歯医者歯科医院、村橋歯科診療所のいきいき院長の村橋秀夫です。
3月2日 日曜日に福岡でエンドポアインプラントセミナーを受講してきました。
村橋歯科診療所では、ブローネマルクリプレース、プラトン、イムテックミニインプラントの3種類のインプラントを使用しています。それぞれ素晴らしいインプラントで、下顎臼歯部、前歯部、上顎前歯部への使用は問題ないのですが、上顎臼歯部付近で抜歯後の骨吸収が大きくて上顎洞が近接している場合は対応が困難です。
今回受講したエンドポアインプラントはポーラスコーティングという多孔質のフィクスチャーで、表面積がスクリュータイプのフィクスチャーの3-4倍で、何とフィクスチャーの長さが5ミリのものも販売されています。
エンドポア

今回の講演会の講師は日本大学歯学部保存学教室の小木曽文内教授です。
小木曽先生からエンドポアインプラントの特徴、埋入術式、注意点、上部構造製作方法、臨床症例等について4時間半程講義を受け、その後顎模型上で埋入のトレーニングをしました。
IMG_0710.jpg

埋入術式はリプレース同様シンプルです。シンプルということは、術式の誤差、感染のリスク軽減、手術時間の短縮等に繋がり、患者さんも安心して治療を受けることができます。
完全にシステム化されていて、パーツも豊富ですし、何と言っても本来サイナスリフト、ソケットリフトといった術者にも患者さんにも負担である術式を用いずに、上顎臼歯部にショートインプラントで対応できることが驚きでした。
前向きにエンドポアインプラントの導入を考えてみます。
講習会の終わりに小木曽先生が「現在安易に歯周病の歯を抜歯してインプラント治療に移行しがちであるが、インプラントは人工物である。我々歯科医師は歯を最大限保存することに努力することが使命である」と警鐘を鳴らされました。肝に銘じたいと思います。
確かにインプラントには歯根膜はありません。
IMG_0712.jpg

講習会終了後も私の質問に丁寧にお答えいただいた小木曽先生どうもありがとうございました。

インプラントの方に!

2008.02.06
こんにちは。日本人の笑顔を世界TOPレベルに美しくしたい、 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

インプラントをされている方、
歯肉退縮して金属が露出している方。

歯間ブラシはワイヤー部分をウレタンコートしているものを使いましょう。
異種金属でインプラント体を触ると、インプラント体が腐食していくといわれています。
病院で歯石を取るスケーラーもコーティングしているものを使っています。
ルミデントiP
IMG_1920.jpg

こんな風に1本ずつ滅菌されて包装されてます。
IMG_1919.jpg

毎日、お口のなかの磨きのこしをチェックしていくと、
実は、歯ブラシで磨けるところはほとんどみがけています。
日本人の磨き残しは、

歯の間!

歯と歯ぐきのすきま!


にあります。

歯間ブラシとデンタルフロスを習慣にしましょう♪


村橋歯科は、 歯科衛生士を緊急募集中です 。
常勤、パートどちらも募集しています。
詳しくは、 スタッフ採用のページをご覧下さい。

バーチャル手術

2007.10.18
こんにちは。長崎県長崎市 村橋歯科診療所 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

先日のインプラント解析ソフトを導入いたしました。
http://murapen.blog69.fc2.com/blog-entry-517.html
早速、PCにインストールしていただき、これからしていくインプラントはすべて解析のもと行えることになりました~~ぱちぱちぱち。
CT撮影のデータからインプラントのバーチャル手術が可能になります。
IMG_0894.jpg

ソフトを動かしてみます
IMG_0896.jpg

これからどうぞよろしくお願い致します。和田精密さん。
IMG_0897.jpg


このソフトの説明を和田精密さんのHPから抜粋しました。

インプラント手術の成功は多くの重要なファクターと関係があります。神経管の位置、上/下顎の構造、骨密度、適切な埋入位置とフィクスチャーの選択、補綴物との調和などです。このような色々な条件下で、より安全で信頼性の高い手術計画を立てるなら、10DRインプラントシステムが必要です。

CTイメージに基づく3次元インプラントバーチャル手術システム「10DRインプラントシステム」は、2次元/3次元イメージの提供はもちろん、神経管位置の自動探索、フィクスチャー埋入シミュレーション、神経管とフィクスチャーの衝突探知、骨密度測定など、多様な機能で従来のCTフィルムとは異なる豊富な情報を提供し、安全な手術計画を可能にします。


10DR.jpg

詳しくはこちら。
http://www.labowada.co.jp/

http://www.10dr.co.jp/

骨をつくる

2007.10.15
こんにちは。長崎県長崎市 村橋歯科診療所 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

船越歯周病研究会も4回目になりました。
今回のライブ オペは顎の骨が吸収してインプラントができないようなときに骨を作る手術です。抜歯したあとできる穴の感染した肉芽をキレイに取り除き、GBR法(骨誘導再生)で骨をつくります。

「多血小板血漿(PRP)」という、治癒に必要な血小板や、細胞増殖因子を大量に含んだ血漿を使います。
血小板結漿をつくるためには採血した血液を遠心分離機にかけます。
IMG_0922.jpg

このPRPを使うことで、骨条件の改善のために行ったGBRやサイナスリフト、骨移植がより確実にきれいに治ってきます。
IMG_0923.jpg

さて、この手術で骨はどのくらいできてくるのでしょうか。
右が3年経過後です。
IMG_0928.jpg

素晴らしい!!
一番左のインプラントを見てください。
本来はインプラントの半分くらいがえぐれるように骨がなかったところです。
3年目、キレイに骨がなじんでるレントゲン写真には、感動しました♪
| ホーム |
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。