FC2ブログ

顎関節症の学術講演会に出席してきました

2008.08.23
こんにちは。長崎県長崎市の歯医者歯科医院、村橋歯科診療所のいきいき院長の村橋秀夫です。

今日は九州歯科大学教授、鱒見進一先生の「顎関節症と咬合や不定愁訴に対する対応」という
講演会を受講してきました。
顎関節症ってご存知ですか?
口を開け閉めする時に、顎関節部に痛みを感じたり、カックンという音がしたり、ひどくなると口が開かなくなる病気のことです。
どちらかといえば女性に多いと言われています。

咬み合わせは非常にデリケートなものなので、歯を削って咬み合わせを調整するときには、かなり慎重に行うということと、スプリントと呼ばれるマウスピースみたいなもので顎関節の負担を軽くするような治療法を選択することも重要だと考えられています。
IMG_0926.jpg


うーん。顎関節症はむずかしいですね。
スポンサーサイト



| ホーム |
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS