スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

日本人の背中

2009.01.08
こんにちは。日本人の笑顔を世界TOPレベルに美しくしたい、 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

今日読んだ本は、

日本人の背中
~欧米人はどこに惹かれ、何に驚くのか
日本人の背中 本

私達の持つ「和」の力。
優柔不断と言われるけれど、推して知るのは、日本人の長所ですよね。
日本人の天性をより研ぎ澄ませて欧米流の価値観にかたよらない
国際人になっていきたいです。

その日本人のユニークさのなかで、なるほどと思ったものは・・

1.許容性
  いろんな文化や宗教をうけいれ、 最初の段階ではいつも共存しようとした。
  韓流や華流にはまる日本女性が韓国語、中国語を一生懸命勉強するのは、
  天性のものだったんですね。笑
2.秀でた協調性
  団体戦になるとがぜん勝負強い。これは、私も経験済み。みなさんもでしょ?
  私達は無理やり一人になって競うより、
  信頼にたる「長いもの」を再生することが、
  より日本人の底力を引き出す上で有効ではと思うのです。

  私もそう思う!!

そのほか、面白いなと思ったところは、
 ・自分の夢や、キャリアに培われた特技をまず主に行動してみると
  いう姿勢が国際人に近づくカギ
 ・私達が大切にしてきた「和」の心。
  今こそ本気でこの手段を国際政治や
  外交の場で発揮して、その有効性を世界に実証すべき
 ・国際社会のマナーとは、たとえ異質であっても、他国の千差万別の
  ルールや考え方をオープンにうけいれること。・
  食べ物や習慣がちがういろんな人が地球上には共生していると
  認めること。
  →これがいじめをなくすのにいますぐ取り入れなければいけないこと
  ですよね。うんうん。
 ・海外旅行では、添乗員なしで現地の生活に直接触れ合うこと。
  訪問国への礼儀として、おもな現地の言葉を覚えること。
  →ノーベル賞授与式のとき、日本語で表彰理由を述べてましたが、
  あれはものすごく、感動的でした。
  とても誇りに感じましたものね。
 ・自分のオリジナルな意見、「平等」という皮膚感覚をもつ
  ひねたり、威張ったりせず、いつも等身大で人と接したいですよね。
 ・外国人のスピーチを機会があれば聞く。話始めに必ずジョークを飛ばす
  などして聴衆の心をつかむその技を見るため。
 ・本当の意味で日本の土台にたつことができるのは、近代日本を知る
  ことにほかならない。

 アジアの方たちともっと仲良くなりたい。
 そのために日本人はどうあるべきなのか、考えています。
 もっともっと、日本人を知ってもらって、そして、私達もアジアの国々を知りたいですね。
 そして、たのしく触れ合って、美味しいお料理を食べたいです。




村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で13位です。 
「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら
からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆


ブログ村ランキングも参加してみました。
良かったらクリックお願い致します♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
<<七草粥 | ホーム | I ♡ GUAM>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://murapen.blog69.fc2.com/tb.php/1081-025418bc
| ホーム |
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。