スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

定期的な歯科検診が糖尿病蔓延と戦う手段になる。(ニューヨーク、コロンビア大学)

2011.08.23
こんにちは。あなたの笑顔を世界TOPレベルの美しさに! きらきら副院長 muraこと村橋貴子です



未診断の糖尿病や、糖尿病前症(pre-diabetes)の発見に歯科検診が役立つことが新しい研究で示された。
論文指導著者である米コロンビア大学(ニューヨーク)歯学部長のIra Lamster博士は、 「定期的な歯科検診が糖尿病蔓延と戦う手段になる」 としている。

歯周疾患は糖尿病の早期にみられる合併症で、米国成人の70%は少なくとも年1回歯科医の検診を受けている。

従来の歯科研究は医学面での戦略解明に焦点を当てたもので、口腔のヘルスケアは評価されず、口腔所見の寄与についても前向き研究が行われていなかった」と同氏は述べている。
医学誌「Journal of Dental Research(歯科研究)」7月号に掲載された今回の研究では、
歯科医を訪れた患者のうち、過去に糖尿病あるいは糖尿病前症と指摘されたことが一度もない患者600人を対象とし、歯周検査および糖尿病について血液検査を行ったもの。

被験者のうち約530人は、高血圧や肥満など、糖尿病のリスクファクター(危険因子)の少なくとも1つを有していた。その結果、失われた歯の数と歯周ポケットの深さが、本人が認識していない糖尿病前症および糖尿病の特定に効果的であることがわかった。

米国人の2型糖尿病患者の4人に1人は未診断で、糖尿病前症では2型糖尿病および心疾患、脳卒中その他の血管疾患リスクが高いことから、著者らは今回の知見が糖尿病蔓延と戦う比較的簡単な手段となると述べている。
糖尿病1108231


筆頭著者である同大学歯学部准教授のEvanthia Lalla氏は、「早期治療により多くの重篤な合併症発症を制限できることから、長年にわたり糖尿病の早期発見が医学および公衆衛生上の焦点だった。糖尿病前症での比較的簡単な生活習慣の変更で、糖尿病への進行を防ぐことができることから、糖尿病前症の患者を特定することも重要である」と述べている。

[2011年7月28日/HealthDayNews]
Copyright (C)2011 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

なかなか医科と歯科の連携がうまくいかない日本に比べて
アメリカは前向きですね。
検診の受診率の高さにも驚きました!
まだまだ、日本の歯医者は治療中心なんだと反省しました。

歯科から、健康な生活を!
なってから考えるのではなく、ならないように予防する社会に!

私達もがんばらねば!


村橋歯科診療所は
歯科医院の口コミサイト『デンターネット』に参加してます。お陰様で 長崎市で2位です。 
「村橋歯科、良いよね☆」と思っていただいた方は 
こちら
からデンターネットにアクセスして頂いて

「村橋歯科」の右側にある「HP」というボタンをクリックしてください。応援クリックお願いします☆
スポンサーサイト
<<制服第5段目は花柄のチュニック。村橋歯科のエプロン柄に似てて違和感ないですね | ホーム | 制服第4弾は白衣の天使。夏は白が素敵という意見も。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://murapen.blog69.fc2.com/tb.php/1936-0fd8ad86
たったの3日でも血圧が下がっていきます。【【高血圧】薬も運動も不要、確実に血圧を下げる食事療法】
きつい運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血圧を下げることができる食事療法をお教えします。
【2011/08/25 07:35】
| ホーム |
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。