スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

新しい再生療法剤 FGF-2

2008.03.23
こんにちは。日本人の笑顔を世界TOPレベルに美しくしたい、 きらきら副院長 muraこと村橋貴子です。

再生療法の突破口となるか?というお薬の研究会に行ってきました。
すでに、やけどや褥瘡のお薬として発売されているベイシックFGF製剤を
歯周病に応用するというものです。
IMG_2370.jpg

講師は大阪大学 村上伸也教授。
IMG_2380.jpg

フラップ手術などの歯周外科手術では、無くなった骨はできませんから、
実は歯周病が治ったとはいえないんです。
悪いところを取ったというのが、ただしいでしょう。
だから、骨ができているレントゲン写真と、手術時の写真は

感動もの でした。

ただ、今 大学で実験中ですので、お薬として実際私達の手元に届くのは、
まだまだ先のようです。

いま最先端の再生療法のお薬はエムドゲイン。
歯周組織が再生します。
エムドゲインをこえる再生力、作用があるといいな~
楽しみに、待っております。

会場は長崎大学医学部~~祝150周年!
IMG_2362.jpg

150周年記念で去年できたばかりの良順会館。
とても,キレイでおちついた会場でした♪
IMG_2382.jpg
 
スポンサーサイト
<<むらぺんお誕生日♪ | ホーム | サン ペレグリーノ>>
コメント
 今の心配は自分のではなく、息子のです。今の所虫歯はなく、定期検診を歯科医師会が運営している障害者専門のセンターで受けています。でも、本格的に治療という事になると、大学病院で全身麻酔と言われてます。そして、親知らずがX線の結果、上ではなく前に向いて待機しているそうです。そのうち出てくるのでしょうか?虫歯にならなければそのままにしておいていいのでしょうか?
 今は施設で管理しているので、私が直接かかわるわけではないのですが、施設側も対応できるのか心配なわけです。
 こんな所でこんな事で申し訳ありません。
【2008/03/23 12:24】 URL | yukinoko #1PVpX0B.
すばらしい!
虫歯がなく定期健診に通っていらっしゃるんですね。

やはり治療となると本人も
周りも大変ですし、回数なども考えて
虫歯を作らないことが一番大切ですよね。

親知らずはほおって置いて、
はえてきたらやはり熱心に磨くことが大切です。
真横に生えたり、すごく磨きにくくて虫歯になってしまうなら抜くことも考えないといけませんが
全身麻酔となると、腰が引けますよね。

なるべく、虫歯にしない。
これがまず、大切なことです。
フッ素もつづけて、頑張ってくださいね♪
【2008/03/23 17:38】 URL | mura #/p8pQmeo
 まだ家にいた頃は、定期検診は何を言われるかとヒヤヒヤものでした。途中で必ず脱走を試みるし。今は施設の職員が同じような気持ちで連れて行ってるでしょう。
 虫歯にならなければいいのですね。少し安心しました。
 どうもありがとうございました。
 
【2008/03/24 17:06】 URL | yukinoko #1PVpX0B.
お役に立てて嬉しいです。
また何かあったら、なんでも、どうぞ♪
コメント、ありがとうございます。
【2008/03/24 19:18】 URL | mura #/p8pQmeo
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://murapen.blog69.fc2.com/tb.php/712-ddb2c6a8
| ホーム |
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。